月別アーカイブ: 2014年3月

生活費、食費に困った時。子供がいるから我慢はさせられない…

夫が仕事を突然解雇されて、失業手当が終わった時、お金も底が見えてきて、とても焦りました。
夫婦二人でバイトに出て、夫は二つバイトを掛け持ちし、ローンと保険、子供の塾代、食べて生きていくため以外にかかるものは、毎月稼がないとあっという間に、崩壊してしまうため、それだけは稼がないとという感じでした。

でも、食費用にと考えていた貯金は、みるみるうちに減っていきました。
ケタが減っていくたびに、どんどん恐ろしくなりました。

お金を借りたいと思う時は、こういう時です。
生きていくことにピンチを感じる時、そして子供には、ご飯を我慢しなさい、などとは絶対に言えない。

服も古着屋・リサイクルで買いに行きますが(子供の物)、小学生なので靴下がすぐに破れて、靴もすぐにダメになってしまって、さすがにこの二つはリサイクルショップで揃えたくなくて…

生活費、食費は、抑えるのには限界があります。
借りる先は実家の両親しかいないです。

会社員と専業主婦とお金

女性だからお金に不自由を感じると言う事は私自身ありませんが、会社員と主婦という括りでみるとやはり不自由さはあると思います。

主婦でもフルタイムで働いている方は、ご主人と同様に働いている事に変わりはないのですから、ある程度自分で自由になるお金をもらう権利はあると思いますが、専業主婦の場合はご主人のお給料のみのやりくりになるのが一般的なので、その中で固定費や生活費などを捻出するとなると専業主婦である自分のお小遣いの額も限られてくると思います。

仕事をしていないということから、お小遣いをもらうのが悪いという気持ちの方もいるのではないでしょうか。そんなときは・・・

ですが、専業主婦も立派な仕事のうちですから、少しでもお小遣いをもらった方が結果的に無駄遣いが減り家計のためにもなると思います。

また世間的に女性は何かと得をする事が多いと思います。

お店などではレディースディなど女性をターゲットにしたお得日もありますし、食事に行き奢ってもらう事も男性よりは多くあります。

そんな事から男性よりは女性の方がお金に不自由していない気もします。

女性会社員と専業主婦で言えば専業主婦の方がお金の不自由さはあると思います。