タグ別アーカイブ: お金が必要

「お金があれば命だって助かる可能性が高くなる」

「愛があればお金なんてなくても」などときれい事を言っていても、お金がなければ体調を崩しても、寝ているしかありません。愛する人や愛する動物が病気になり、死にそうになっていも、助けることさえできないのです。こんな悲しいことがあるでしょうか。

犬を飼うのが幼いころからの夢で、大人になってやっと犬を飼ったのはいいけれど、犬だって病気になります。昔の動物病院とは違い、人間と同じように血液検査やCTで病気を検査してくれるのはありがたいのですが、犬は保険がきかないので治療費が高いのです。全身の検査をしただけで2万円ぐらいかかります。

愛犬がガンの告知を受けたとき、犬を飼ったことがない人からは、「手術代が高いのなら、その犬が死んだら、次の犬をペットショップで買えばいいのに」と、心無い言葉をかけられましたが、家族のように愛した犬を見捨てるわけにはいきません。たとえ自分の病院代を節約してでも、愛犬を助けたいと思うものです。

愛犬がガンにかかったとき、1回の手術では完治せず、再発して手術や投薬でお金が必要になると、半年で百万円近くかかってしまうこともあります。だからといって「お金がないので治療は終わりにして下さい」とは口が裂けても言えません。犬が好きな人なら誰だって、お金がなければ借りてでも愛犬を助けたいと思うでしょう。

次のボーナスが出たら返すからと、愛犬の手術代を借りましたが、何度も手術を繰り返していましたので、借りた手術代を返す前に愛犬は亡くなってしまいました。でも、少しでも私のそばに長くいてくれて幸せでした。